幅を広げれば味が薄まる

コードギアスシリーズ。今もアマゾンプライムで無印から再履修中。

2部からパワーダウンしたという印象はあるけど、谷口作品と中川幸太郎ミュージックの良さを一番出しているのはこの作品であり、作品としての圧というかパワーはこの作品群通しての魅力だと再確認する。

2部以降の不評は、おそらく話をまとめる段階の難しさもあるんだろうと思うけど、ボトムズのように地を這うロボットたちが空を飛ぶのが当たり前になってきたときに、リアル視聴中の俺は冷めたわけではないけど、ちょっとインフレ感を感じた。

それでも十二分に楽しめる作品だと見返しながら思う。理由はやはり群像劇的な視点の確保だと思う。物語に謎解き的な部分があるので、そういうところでやはり秘密を持っているものと、疑っているものと、ストーリーの進展と、ボスキャラたちの狙いなどうまく話が絡んでいる。

視聴の興味を飽きさせないストーリー構成と群像的効果は、ガンダムシリーズでこそよく見られるプロットだけれど、コードギアスはいわゆる単体シリーズとしてガンダムシリーズに負けない話の流れと引き付ける力を持っている。

序盤から連戦連勝しないのもあり。スパロボでしかギアスシリーズを知らない人たちは、割と序盤からあくせくしているルルーシュを見るのは楽しいかもしれない。という数っと追われるものの不安さを出しているわけで、バレない前提みたいなものとはやはり作り方が違うなと。

一方位で王道的なというか、なるべくした人間が、なるべくしたものに挑むという、少年漫画雑誌にあるべき運命と血統のドラマは、どこか型を壊していないともいえるけど、逆に言うと王道でスタンダードで、見るべき視点を絞らせてくれるいわゆる難しい作品ではなくエンターテイメントに非常に重きを置いている。

やっぱロボバトルは最高だな。今度のロボダセェ。でも強い。ぐらいの楽にみられる部分がしっかりある。気軽に入り込めるいい塩梅。

ストーリーは刺激的でロボバトルを主人公が戦術的な活躍ではなく、もう少し大きな視点で動くというのもまたいい。最近もこういう作品でないねって思いながら特性を楽しめる。ところでプラモ展開ってどうなってるの?発売直後は紅蓮やヴィンセントの模型は見たんだけど、再発売とか、リファインされてないのかなぁ。ワンオフ期以外も、量産機がすごく量産機していてかっこいいアニメ。このあたりもザク以来の衝撃。

 

みえないところにさいぶをやどす

今週のお題「最近洗ったもの」

いや。手。いつもだけど。

きつい言い方になるけど、馬鹿でも出来るから、みんなこの社会情勢だから、やるに決まっていると思ったら、そこまでしっかりとしたやり方だったり、より一層のやり方を求める姿勢は出てこなかった。バカはしっかり洗わないんだなって。

仕事柄現在はやっている肺炎のことを思うと、とにかく手を洗う。グローブとかつけてるけど、とにかく手を洗う。昔先輩が教えてくれた手の洗い方を思い出すことも多くなったし、最低限30秒の手洗い……誕生日の歌2回程度というのは今こそやるべきことと自覚する。

むしろ肺炎ブームの数年前には毎年のようにインフルエンザがあったり、微生物の問題があったり、それこそノロウイルスなんかと向き合う時には手洗いが本当に大切になってくる。職場もそれを押してくるんだけど、手洗いについて指導というのはない。

知っていることとして設定されているけど、果たして現場外の事務系のところまで徹底できているかというとやっぱり怪しい。

親指を絞るように洗うとか、なんとなくの洗いではなく、全部OKとしっかり言える状況を作る。肘前まで洗ってる?過剰な意識が現場では求められている。前からそうだったけど、声掛けし始めたよ。もっとやれって。

ンで、その生活というか、仕事環境が成立してくると、あらゆるモノが過剰に汚く感じるようになってくる。何か一つの流行りというのは必ずあったんだけど、こういう風に数年に及ぶものはなかった。現場が耐えるということを続けることで、どこか脳みそが職場のすべてのモノを汚く見せてくる。

特にキーボード。記録業務をした後にも手を洗わないといけない。その前の仕事の後に手を洗っている。パソコン作業した後にもう一回洗う。ワンアクションごとに手を洗うのは当然の業界だけど、より精密に手洗いが求められるようになった。

まぁ職場のためというよりは、自身の身を守ること、敷いては自宅に持ち込まないための対応なんだけど、手洗いうがいの徹底というのは、マジで大事。

第何類にしろとか、社会でいろいろ話されているけれど、閉鎖環境での感染力が本当に半端ない訳で、それだけは忘れてはいけない。経済活動が大切なのはわかる。でも両輪として衛生観念のレベルアップを忘れてないかなって。

仕事大事だからしっかりしていいけど、感染拡大させない努力はパフォーマンスとしても必要じゃないのって。大きな大義名分だけが先行して、それを納得させるための小さな内容が抜け落ちている。小さな基本をクリアした上で今がある。学生や労働者はワクチンの有無関係なく見直すところは見直さないといけない。

なんというか……数年前まで手を洗わなかった連中が、やっと一般人並みに洗い始めたレベルでしょ。もっと必要なんだよなぁ。これにうがいが加わるとやっぱり国家レベルでの理解ということが低いと感じざるを得ない。

まずは手をしっかり洗ってほしい。どういった洗剤を使うかではなく、まずは熱意をもって洗ってほしい。夏はそもそも食中毒などウイルスが活性化するし、ダニだって発生しやすい。手を洗う理由は必ず存在する。

学生時代に運動部やっていた人は理解できると思うけど、伸びる選手っていうのは、道具がいいものを使っているからではなく、目的意識をもって練習し、使えるスキルを増やしているからなんだよ。もちろん試合になると緊張して固まるやつはいたけど、部活中は練習試合でそれなりに無双したりするじゃん。

手洗いも当時のことを思い出して欲しい。常々自分は学生時代を思い出す。好きな戦い方を素人が極めるのではなく、言われたことの中に目的を見つけて、それを自分の中に落とし込む。言われてやるんじゃなくて、やるときに考える。他人のやり方を見る。上手いやつに教えを乞う。

とにかく手を洗え。職場に嫌いなやつがいても、プライベートなところに嫌いで死んでほしいやつはそうはいないだろう。レベルアップした手洗いをするんだ。全部ができないなら、退社時と自宅に帰ったタイミングでとにかくきれいに洗い流せ。

マスクいつまで付けるのって言っているけど、それ以前に手を洗え。そっちの方がローコストだ。現場はひどいやつは顔まで洗ってるぞ。

あれは夏だからか?

とにかくできることをしてから次のことをしろ。手ぐらい洗え。何度言っているかわからないけど、それで少しだけ未来が変わる。ちょっと今の流行りはそういうレベルでキツイやつ。今から洗え。丁寧に洗え。信じた方向で洗うんじゃなく、動画サイトとかで確実な方法を見てやってくれ。

今職場や家庭であなたがいつもより念入りに洗えば、それを見て誰かが刺激を受けるかもしれない。それでまた誰かの命運が変わるかもしれない。そういう気持ちを持ってくれ。真剣に取り組むことなんだ。そういう気持ちが大切なんだと伝播してほしい。清潔に過ごしてほしい。この生活スタイルは、ワクチンの有無とかそういうのと関係ないだろ。感染症は常にある。インフルエンザなんかもそうだよ。ただの風邪だってそうだ。とにかく手を何時もキレイに洗え。

出来ない理由はあっても、やらない道理はないだろ。

 

 

アップグレードの果て

スピンパワード ルーピングスター スピンギア ¥1500

ご存じかもしれないけれど、スピンギアは自前でルーピングヨーヨーを何年も前から開発している。ステップワンエクストリームから始まり、現行のスターバースト。そしてトランスアクセルのルーピングスター。

ルーピングスターのもっとも偉大な点はリアル店舗での購入が可能ということ。トイザらスに売っているというのは偉大。アマゾンで売っている地点で偉大なのに、現実に新しいヨーヨーが売っているというのは輪をかけて偉大。

まぁルックスではラングスファイヤーボールに負けるんですが。

ただルーピングのしやすさという点ではさすがにルーピングスターは洗練されている。価格も低価格でまとまり。ファイヤーボール買う金あれば、二つ買える。二つ買える?2Aの入り口立ててんじゃん!!!!好きなカラーリングでハーフカラーや遊び方以外にもこだわれ得る要素が多くてグッド。

もっともベアリングがプラスチックだから、あんまり何でもできるわけではないけど、そこまではまる要素を自分の中に持っているならスピンパワードの方のルーピングスター。ファイヤーボールに1000円足せば二つ買える。最強。?

デチューンでなく入り口用のモデルだからね。

少し話が逸れてしまうけれど、スピンギアさんのルーピングヨーヨー。いや、スターバーストについてなんだけど、こまめなアップデートを繰り返している。繰り返すことでフィーリングが改善はされているんだけど、すべての色でアップデートされるわけでもなし、スペーサーの調整ではなく、本体のギザギザの方のスターバーストの調整がかけられているため、せっかくの多色展開がされても、ハーフカラーで遊ぶ際のセッティングの幅は思った以上に深いが幅は狭い。

自分の好きな色でセッティングをしても、最新のverではないし、組み合わせの深みがあっても、やっぱりセッティングの幅としてはスペーサー交換以上のものは泥沼にしかならない。

そういった意味でスターバーストを追いかけるのをやめてしまった。やっぱりラングスファイヤー基準がはずれがないのかなって。

そしてルーピングスター。これはアップデートがなく、スピンパワードモデルはひとまずの金属ベアリング内増募出るとなっている。もうこれで良いよって感じではある。

追いかけて調整するのはかなりしんどくなっていた。価格帯効果はスターバーストは優れていたんだけど、やはり遊びやすさ。幅を設けているからこそ遊ぶことに集中できるLOOP720は偉大だと再確認。

話を戻して金属ベアリングチューンになったルーピングスター。スピンギア性のルーピングストリングをセットして遊んでみると、スピンギア推奨的なルーピング感覚は継続して確認できる。いわゆる手首の返しと押し出しをしっかりすると、きっちり遊べる完成度。720のようにある程度のフォームが出来上がると自動で進めてくれるような感じではなく、自分がコントロールさせるという意識が必要で、戻りがしっかりしているヨーヨーで遊んでいると、いわゆるスリープがしっかりしていて若干戻りがあってもいいと感じるかもしれない。

という不満をお持ちの方には、SGHGの黒スペーサーを片側に装着するとかなり改善される。戻り強めでしっかりスリープも確保できる、かなり扱いやすく、練習に最適のモデルになる。しかも黒スペーサー購入した段階で『まだ』ルーピングスターの方が720より安い事実。

そしてスピンパワードモデルやジュラシックパークモデルは、左右のキャップのイラストが違う。これは何を示すのか…。

そうだね、二つ買うと左右セッティングで見分けるようにできるんだね。左はクイックさが欲しいし、右側はちょっとスリープが伸びても問題ないようになってくると、左右別セッティングとかしたくなるよね。そういう時にこれなら、『SP面は左、スピンパワード面は右。』という風に決めてセッティングをすると練習開始に安定する。準備ヨシ!。

遊んでいても黒スペーサーを装着すると、ダブルループでやや左が遅くなるような人は結構満足いく戻りになるように思える。さらにこのヨーヨーを買うと社会貢献ができる。そしてアップデートが恐らくないモデル。

ここから初めて720スペーサーをつけてフィーリング調整というのもありかもしれない。このあたりの外部パーツへの寛容さはスピンギアのいいところ。

コストパフォーマンスに優れ、ある程度のセッティング幅を決め込み、価格を抑え込んだこの商品は面白い。どこまでのセッティングをしたい人には少し物足りないかもしれないけど、そうそう、この程度の深みでいいんだよ。って言いたくなる。

性能面は黒スペーサー、キャップはスピンギアで別売りで自分好み。自分的には2Aスターターとして最適化された商品だと感じた。SGHGスペーサー込みでね。ショップ側はそこまで考えていないかもしれないけど、あり方として到達した感じがある。というか左右絵柄が違うキャップとか、細部まで俺にしか喜ばれないモデルなのかもしれないが。

そこまでのモノにした罪

今週のお題「SFといえば」

ガンダムというか、国産アニメ中心になるけど、ロボットアニメにはまった俺の罪は大きい。人生の中心に置いた期間長すぎるし、それをチョイスした自分が悪いんだけど、ロボットアニメ的なSFとコロコロコミックは俺の人生の序盤戦…いや今に至るまで影響を残している。

もちろん悪い影響ばかりではないけれど、こう…普通ではなくなってしまったなぁと。昔でいえばそれこそオタクだったし、今でいえば陰キャになってしまうのだろうか。

大人になってもこじらせたままだったけど、こじらせてオーラがはみ出しているシャカ人を同じ現場で見つけてしまうと、何とかカモフラージュしないといけないような気がしてならない。なかなか実生活に生かせないアニメ系ロボットファンの悲しさ。

学生の時に、今でもあるのかな、運動会の大型イラストのチームリーダーに指名されたことが何度もあるが、ロボットアニメから興味を持ったプラモ作成で、塗装まで簡単なレベルだけどできることが評価された。リーダー適正関係なし。

いい経験をしたと思っているけど、やっぱり別の人がするべきだったと思っているが、当時の主流のアニメ主人公のように、いやだけどやるしかないという選択肢は僕には出来なかった。今でいう陽キャの皆様からご指名を受けた以上やるしかなかった。悪い人たちではなかったんだけど巻き込み型でついてゆくのがやっとだった。

というか、SFファンとしての生き方よりも、昨今の感染症のはやり方っていうのがSFじみていてならない。映画やドラマだったらもっと致死率が高いのかもしれないけど、今のレベルでも十分悪質で、変容を遂げているさまは明らかにSF。

大何波になったのか数える気もなくなったけど、うちの地域も現在の感染症の勢いはすごい。職場も浸食されている。慌てふためく上層部を見ていると、あの人たちに余裕はないんだろうけど、SFしてるなぁと他人目線で見てしまう。

未知の生命体に感染というわけではなくなって来ているけど、このかかり方はすごい。そしてこの精神的な不安の持たされ方は、映画やドラマで見てきたキャラクターにより気持ちを寄せることができる。

でもなかなかこのビッグウェーブに乗り切れない。上司はまるで映画の主役のように働ているが、俺は自分が陰キャの視聴者になったように、どこか現実にフィットできずにいる。オタクとして自覚しすぎて生きてきたせいだろうか。

ビッグネームは裏切らない

フレッシュシングス コカ・コーラヨーヨー


最近いろいろな種類の、いや名前で出ている、新型アングルの一つの別の形。
現状ではアマゾンで買えるのはコカ・コーラの名前だけかもしれない。
コカ・コーラヨーヨーはストリング付きで引き戻しセッティングになっている。さっさとバインド化した。
バインド化についてだけど、付属の赤ストリングはなんだかフィーリングが合わない。ノーマルストリングかSGHGに変えるとちょうどよい感じ。
感触としては極端に言ってしまうと、DV888よろしくしっかりとした塊感がある。重量感がある。
その一方で乗せやすさや、サイズ感はスタンダードに寄せていてとても扱いやすい。そもそもの粘りが888が全く違う。
フレッシュシングス…サムシングの中ではおそらくファーストメタルの位置に配置されているアングル。
分解してみると他のメーカーに比べると本当に数ミリ無いレベルではあるんだけどハイエッジ(ハイウォール)に当てはまるかもしれない。
むしろ他メーカーのファーストメタルに関して同様のソリューションに帰結してしまっている中で、
形状や得るフィーリングで違う位置に入るかもしれない。
でもそういうのもあっていいと思うの。
回っている感のアピールみたいなのはコカ・コーラヨーヨーが最高。
そして形状がすごくわかりやすく、こういうつくりをしていると、こういう感触を生み出すのかと、かなり勉強になる。
いわゆるサムシングの製品は、大まかにみると形状はかなり似ているように見られる。この方向性をある程度定めた商品つくりというのは、
それである程度予想が立つ部分と、予想を裏切る興奮がある意味発見しやすい。そしてこれを基準に他社商品をイメージできる。
プラヨーのコカ・コーラヨーヨー(プルミエール)なんかも長きにわたり販売されている名機だ。いたような形状をしているが、
大径でプラスチックのフィーリング。フィンガースピンはないが、必要なものを備えている。こういうものは生き残るべきだ。
まあ一方でアマゾンでも買える。ヨーヨー知らない人に一番近いヨーヨーの一つになる。コカ・コーラのグッズを集めている人も
きっとヨーヨーユーザーより多いと思う。そういう意味ではコレクションにとどまらない性能をしている。
コカ・コーラファンの人たちも、一世を風靡したコカ・コーラヨーヨーの新作。おそらく初めてのメタル。触ってくれないかなぁ。

かこまれている

今週のお題「マイベスト家電」

除湿器です。

田舎に引っ越したのは今年の冬。山水は流れ、川もすぐ近く、谷間にある小さな集落の隅っこ。立地条件最強。数年かけて企画から完成した新たな自宅。山のすぐ裏も当然山。つまり湿気にあふれている。

冬に引っ越したけど、木造建築の敵である湿気、水分。正直年中回す必要はないけど、箪笥なんかも古いものを流用しているので、開け閉めの問題もあるのかもしれないし、クローゼットの換気も兼ねて回している。

結構とれる。一晩…8時間で2リットルぐらい行ける。エアコンの除湿と連動させても結構水が取れる。冬も結構とれる。どれくらい役に立っているかはわからないけど、これだけの水が取れることに驚愕している。だからきっと役に立っていると思う。

ベーシックの元の家の部屋の形を残したから梁や柱をきれいに残したから、湿気対策が必要ではあったんだけど、本当に必要かはわからない。ただ水が出る以上絞らねばならない覚悟を自分に感じる。

部屋干しとかしないのにここまで絞る。布団も布団乾燥機にかける。とにかくカビとの闘い。主力が除湿器。そろそろ別のアイテムも欲しい。

庭もきれいに数年かけて整備指摘もあるから、ある意味湿気が多い。雨が降って終わりではなく、地面や葉に水が残る。通勤の時には緑がまぶしい。

以前住んでいたところよりも緑の季節ごとの変化をずっと感じる。職場に行く時間は4倍に増えたし、ガソリン代の支給も、ガソリン代の高騰もあって大赤字になったけど、それでもここに来てよかった。まぁ田舎から山奥の田舎に引っ越したから。でも、コンビニまで車で30分は大きな変化か。

 

 

経験が形成される

マジックヨーヨー Y01 NODE

この場合はルックス的なこぶとか、そういう意味にした方がいいのか。組織的な意味での中心点というのも、プロダクトとしての完成形や理想という意味では通じそう。

アンダー3000円のフルメタルヨーヨー。

マジックヨーヨー驚異の技術力。

以前記録したHOTDIGGIDYに比べると万人に受けるモデルになっている。発売されたのはもう…3年ぐらい前だろうか。アマゾンでも変える最高クラスのモデルになっている。

こぶと訳することを許してくれるなら、クラウンよりほんの少し小さく、幅もほんの少し狭い。はがき1枚分もないだろう。最大のポイントはウイングが曲がる際にこぶのように1段上がっている。外周部へのパワーを実感させる工夫になっている。

とにかく遊びやすい。ガチプレイヤーでなければ、この遊びやすさに胡坐をかいてしまいそうになる。ちょうどよいサイズ感に、しっかりと回っている感触。そして動かしやすさと丸みを帯びたシェイプ。中華ヨーヨーにおけるよくある嫌われない要素の積み重ねというか、ある意味飛び出したものがないけど、バランスの良さ、それを追及した嫌味のないやつ。

じゃあ、初めてのメタルにお勧めかというと少し話が変わってくる。NODEを買ってこう言う判断をしている人たちというのは、おそらく、これまでもたくさんのメタルを触ってきている。そのうえで『必要なまとまり』の良さを感じて、コストパフォーマンス上での評価を下しているに過ぎない。

そして時代は流れ、多少高くともよいメタルが生まれている。結局NODEはファーストチョイスにするべきではないヨーヨーに代わってしまった。もちろん予算的な部分での優位性はあるにはあるんだけど。

やっぱりまずは店員さんの言うとおり、おすすめのアンダー6000ぐらいのメタルを買うことを薦める。そのうえで遊んでみてガチな方向に進むなら必要のない出費だし、いろいろ買ってみたくなった人にとってはセカンドチョイスになるかというと。うん。

ほかの中華メーカーの製品も安さと遊びやすさを両立しているものがある。価格的には圧倒的に有利だけど、あと1000円足すことができればかなり選択肢が広がる。

俺自身もネットでの評価が発売直後より聞かれていたから、すぐ買おうと思っていたんだけど、結局買ったのは半年前。安さというのはいつでも買えるとか、そういうものにつながりかねない。いいやつらしいけど、まぁ後でもいいかってなる。

そして購入。遊ぶ。

サイドフェイス以外にはしっかりとブラスト加工がされていて、かなり丁寧なつくりを感じる。こぶの部分が強調されたモデルで、低価格といえばC3のサイバークラッシュがある。こぶの持ち上がりが強調されているサイバークラッシュよりはパワーは控えめだけど、このサイズ感の信頼性は強い。

そして同時期に発売されていたコロッサスシリーズより幅もあり、遊びやすさを前面に出した商品だと思う。そして低価格帯らしく、初期のセッティングではヒモを選ばない。ノーマルでもしっかりとバインドがかかる。弱点がない。切り返し的な動きになると、セッティングの部分もあるが、ちょっと遅いか重い印象があるけど、シグネモデルじゃないしね。

こういうものを、こういう価格で出せるというのが、この商品とヨーヨー界隈のすごさなんだということを教えてくれる商品。ただヨーヨーがガチなりエンジョイ勢なり深みにはまっていくと、個性派が欲しくならない?そうなってくるとこの商品の個性は値段。値段?うーん。

すごく遊べる。悪口や、煮え切らない記録になってしまったけど、今このタイミングであれば、無理に選ぶ必要はないモデル。